保育について

基本方針 1日の流れ 行事予定表

基本方針

保育理念

「子どもの最善の利益を守る」と同時に「子どもに最善の利益を提供する」

当園では、子どもは「人格を持った一人の人間」として接しています。したがって、子ども一人一人に合った保育を行い、子どもの権利は守らなければならないと思っています。

保育目標

よく考える子

・すじみちをたてて考える。
・ルールを守る。
・創意工夫をする。
・正しい言葉遣いをする。

思いやりのある子

・やさしい心。
・みんなと仲良くする。
・励まし助け合う。
・誠実で心豊か。

たくましい子

・明るく元気。
・じょうぶな身体。
・自主性と積極性。
・ねばり強くやりとげる。

保育方法

乳幼児期は、将来に影響を及ぼす大切な時期だから…

常に子どもの目線で保育を行うことを心がけ、

1.保育形態としては、自由保育を行っています。
  放任保育ではありません。自由な中で、生活習慣は守り、子ども一人一人を大切に見守り、主体性を育む様にしています。

2.担当制を行っています。
  0〜2歳児については、担当の保育士を決める事により、子どもとの信頼関係を早く築き上げ、情緒の安定を図っています。

3.各保育室には、コーナーを設置しています。
  子どもは遊びの中から成長します。よって、コーナーという遊びの場を作り、いつでも好きな遊びができるようにし、自由な遊びを保障しています。