あたごはま保育園  先輩の声 あたごはま保育園  先輩の声

先輩の声

あたごはま保育園で働く私たちの
普段の仕事内容や園の雰囲気などを語ります

2014年入社
大賀 和
Oga Izumi

子どもや先生たちとの関わりの中で
成長を感じています

― あたごはま保育園を選んだ理由を聞かせてください。

大学三年生の時にあたごはま保育園で保育実習をさせていただきました。そこで自由保育というものを初めて体験させて頂いたときに、 子どもたちが自分で考えて行動している姿を見て、「いいな」と思ってから自由保育に興味をもちました。実習が終わり、卒論などで自由保育を調べているうちに「やっぱり自由保育をしている園で働きたいな」と思ったこと、 また、実習の際に感じたあたごはま保育園の雰囲気にも惹かれ、受けさせていただきました。

― 自由保育とは何ですか?

例えば、クラスにいる15人みんなで一斉に外に行くとかご飯を食べるんじゃなくて、一人一人のリズムに合わせた活動をすることです。 ご飯もみんな一斉じゃなくて、食べている子もいれば、遊んでいる子もいて、早く食べ終わった子はもう寝ている…っていうそんな感じですね。

大賀 和先生 写真
大賀 和先生 写真

― あたごはま保育園に入って、感じたことやギャップはありますか?

ギャップは特にないんですけど、子どもたちと関わるうえで、言葉だけでは伝わらないことや、何を思っているのかが読み取れない、くみ取れないこともたくさんあって、改めて「関わりって難しいなあ」とすごく感じました。

― 5年目ということですが成長したと感じる部分はありますか?

今までは目の前のことで精一杯だったんですけど、最近は全体を見ることができるようになり、日々の保育や行事の時に「何をすべきか」が分かってきました。いまは、3年目の先生と一緒に組んでいて、先輩という立場だからこそ見えることもあって全体に気を配れるようにはなってきたかなと思っています。

― 研修などは受けていますか?

市の研修など、いろいろ行かせて頂いています。1年目の先生だけでなく何年目の先生でも参加できます。障がい児保育に特化したものや防災訓練など、様々な分野の研修があるので多くのことを学ぶことができてありがたいです。

壁を感じない
人があたたかい保育園です

― 同年代の先生、後輩、先輩との付き合いはどうですか?

同年代の先生とはすごく仲良くさせてもらってます。クラスの先生とは毎日の仕事が終わった後に「今日はこんなことがあったね」とかお話したり、 プライべートでは、他のクラスの先生ともご飯に行ったりしています。先輩の先生方も困ったときはすぐ助けてくれたり、相談に乗ってくださったりしてくれて、その度にあたごはま保育園に入ってよかったなあと思っています。

― 主任の吉田先生はどんな方ですか?

全体のクラスを把握してくださっていて、行事の時だけでなく日々の保育の時も「こうしたほうがいいかな」とアドバイスをくださいます。一人担任の行事の後に「がんばったね」と言ってくださることがすごく励みになっています。

一日の流れ

実習・見学の
お問い合わせはこちら